_99A5747☆_edited.jpg

プロフィール

エディター、エッセイスト。
大学卒業後、出版社にて

女性誌の編集者になる。
心理学者・精神医学者ユングの

「40〜50歳頃は人生の正午」という

言葉に出合い感銘を受け、
50歳で大学院修士課程に入学。
中年期女性のアイデンティティについて

研究しながら執筆活動を始める。
noteで父親の孤独死について書いたエッセイ
「父がひとりで死んでいた」が

きっかけとなり
『日経ARIA』にて連載開始。

6匹の猫たちと東京暮らし。
熊本市出身。

熊本大学文学部仏語仏文コース卒業
慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科修了

​旅/写真/ヨガ

(RYT200取得インストラクター)
シャンパーニュ騎士団シュバリエ